高崎市、新町の【コーラル接骨院】

コーラル接骨院はむち打ちなどの交通事故に強い治療院です。日頃の痛み、メタボ対策、骨盤矯正、マタニティーコースまで親切丁寧。熱血指導!土日も営業してます。
スポーツ障害、労災、健康相談も!電話相談無料! 

 
    • 事故後や日頃の痛みの解決はここにあった!
      ~すべては患者様のためにの気持ちで地元で人気~ 
        肩こりと上手くつきあう法 
       

肩こり 腰痛と上手くつきあう

 
 

腰痛はストレス社会にあって日本国内のみならず海外でもありふれた病気の一つでもあります。この現代病とも言われている腰痛ですがその原因はさまざま。
 
ではこのやっかいな腰痛の原因ですが主に急性のものと慢性のものがあります。急性腰痛症は突然の動作や不自然な腰のひねり動作によるものが多くいわゆるぎっくり腰とよばれるもの。慢性的な腰痛は日頃の生活習慣のなかで姿勢が不自然な姿勢による腰の筋肉の疲労が原因のことが多いようですが軽度のものであればその痛み方も強くなったり弱くなったりします。
 
人にもよりますが腰椎のあたりの筋肉組織の力が弱かったり、正しい姿勢をとらなかったり脚を組むことが多いことや不自然な動作で腰椎周辺の筋肉組織に加重な負担がかかることも原因の一つです。
 
では腰痛症はどのように判断されるのでしょう。一時的な腰痛とはちがい慢性的であっても急性であってもその判断は必要です。そこでまずは問診による診察の所見からはじまりエックス線検査での画像による診断とそのほかに特筆すべき疾患が無いことや内臓疾患が原因でないことが判明した段階で腰痛症という診断になります。
 
急性の腰椎症は安静にすることや適切な投薬により普通では数日で快癒することがありますが慢性的な腰痛では日常生活での動作やクセの見直しと改善、さらに腰痛体操が実施され実行することで症状の緩和がのぞめますが適宜非ステロイド系の消炎鎮痛剤が投与されるケースもあります。
 
後で述べますが腰痛症であることが確認されたら対処法としてまずは無理な姿勢であったり同じ姿勢をくり返したり持続したりすることから来る腰椎への負担を軽減することや体重を減らすことや腰背筋、腹筋などの筋力トレーニングを積極的、効果的に実施します。
 
しかし軽い腰痛と侮っていると別の重い疾患の初期段階である可能性も排除できないので整形外科や整骨院、接骨院で適切な診断やアドバイスを受けることが重要です。
 
では腰痛症の予防と対策についてですがまず第一に日常で気をつける事としては重いものをもちあげたりする時にはそのものをなるべく自分の体に引きつけることで腰や背中にかかる負担を小さくします。
 
座り姿勢では椅子に座るときには腰椎の前彎を減らすために腰の高さがお尻の高さよりやや高くなるようにし膝を組んで座ります。
 
立ち仕事などの場合には腰椎の前彎を防ぐためと筋肉組織の疲労軽減のために台などを使い腰の骨盤をなるべく水平に保つようにすることで腰の筋肉組織の疲労を少なく出来また同じ姿勢をとることを避けます。
 
腰痛症予防の第二として腰痛体操がありますが痛みがひどい場合は控えます。腰痛体操には4つのやり方がありますがその目的としては姿勢の改善や腹筋や背筋の強化や軟部組織の柔軟性を得ることです。
 
腰痛体操にかんしては整形外科や接骨院や整骨院、または鍼灸整骨院で指導やアドバイスを受けてから実行するとより効果的です。
 
コーラル接骨院で治療を受けてみたら
  

今まで感じていた腰の違和感が取れ、健康だった20代の若者に戻ったようなすがすがしい気分でした。退職後は腰に負担のかかる野菜作りという農作業も楽しんで出来るようになりました。
 腕、腰の痛みで辛い日々を思い悩んでいた時に友達からコーラルを紹介されました。先生の検査を受け施術へ。電気治療、マッサージ、ストレッチ指導を受(かなり厳しい(笑))そのかいあって腕の痛みは1ヶ月で回復となり、今は腰の治療とストレッチを頑張っています。 

 
 コーラル接骨院公式サイトより引用